消費者金融のキャッシング豆知識

総量規制対象外カードローンの最大の魅力は、正社員として働いている人だけではなく、アルバイトやパートであっても条件さえ満たせば融資を受けることが可能になっている点にあります。銀行で住宅ローンなどの大きなお金を融資してもらえるサービスを利用する際には、適性判断の際には必ず正社員であることが求められることになるのですが、キャッシングのように小さな融資を中心としてサービスを提供する時には正社員であることが融資の必須条件ではなくなりますので、条件としては非常に緩い基準でお金を借りることが出来るわけです。
では、そもそもなぜこのような便利なサービスを一般人が利用できるのでしょうか。それは、このサービスに対して適用される貸金業法という法律に、法律的な安全性を強化した規制が存在するからです。本来、融資の判断基準を考えるのはお金を提供する会社にありますので、実際に銀行グループなどからお金を借りる時にはこの銀行グループが考えた融資の審査基準をクリアしなくてはいけません。ところが、消費者金融の融資のケースでは初めから法律的な安全性の規制が存在するため、消費者金融の方から消費者に対する厳しい審査基準を考える必要性が一切存在しないのです。審査を厳しくしなくても法律的に安全ならば融資の契約を締結しても金銭トラブルになることもありません。事実、クレジットカードのキャッシング枠などにはこの規定が適用されるので誰だって簡単に現金を引き出すことが出来るようになっています。