専業主婦がお金を借りるなら、銀行と消費者金融どちら?

専業主婦がお金を借りるなら、銀行と消費者金融どちら?

銀行カードローンの利用

専業主婦で仕事をしていないけど、借入をしたい・・。そんな主婦は実際に金融機関からお金を借りることができるのでしょか?答えはできます。銀行カードローンでも消費者金融でも借りることができますが、いくらかメリットや方法が異なります。まず銀行カードローンですが申込みを行ってすべての主婦が融資を受けられるというわけではありません。それは一般の人が審査に落ちてしまうのと同じです。本人の属性や返済能力を見られるのでそれに通れば融資が受けられます。専業主婦への融資を行っている銀行は、みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行、新生銀行などです。契約に必要なのは運転免許証、取得していなければ健康保険証などの身分証明書でも提出可能です。銀行カードローンのメリットは金利が低いところです。仕事をしていないのでなるべく元金に近い総額で返済ができたらいいですね。少しでも返済の負担を軽減するために低金利の条件は外せません。金利の水準は14.5%で限度額は30万円~50万円というところが多いようです。

消費者金融のレディースローンでも借入はできる

消費者金融で借入ができるところはごくわずかです。大手の消費者金融会社では無職の人にはお金貸せないというのが一般的な原則です。配偶者貸付といって例外に融資を行うこともありますが、実施している会社はそんなに多くありません。消費者金融のレディースローンはスタッフが女性なので申込みがしやすいという特徴があります。ですがデメリットの方が多いかもしれません。例えば金利は18%~20%と銀行より5%前後高い設定です。さらに契約には配偶者の同意が必要で、夫の収入証明書が必要になる場合もあります。さらに婚姻関係を証明する戸籍抄本も必要です。これらのことを考えると銀行ローンの方が専業主婦にはメリットが多いと言えるでしょう。
アイフルの審査と特徴まとめ│申し込み前に確認すべきこととは?はこちら